暮らしを守る 笑顔をつくる

待機児童ゼロへの取り組み

平成28年度、東京都からの補助金を利用した「城山保育園南山」(定員150名)が新規オープンしました。現在建て替え中の都営大丸団地でも大規模な保育園を確保しています。引き続き施設整備や制度見直しをおこない子育て世代を全力で応援してまいります。

ニュータウン再生にゼンリョク

市民の声を活かした多摩ニュータウン等大規模住宅再生ガイドライン化を策定し、地域の活性化、持続的な発展をめざしてまいりました。諏訪団地の建替え、ブリリア多摩ニュータウンの誕生、南多摩尾根幹線の全線4車線化・平面化への取り組み、無電中化の促進など、ニュータウン再生に全力をつくします。

大学での環境授業

桜美林大学特任教授として、毎週4コマ授業を行っております。今までの講座では考えられない、キャンパスを出た自然環境の現場から、新たな環境政策を学生たちに語り、議論を行っています。

桜ヶ丘公園ドッグラン

桜ヶ丘公園ドッグランは、開設から3年が経ち、総利用人数は、5万1500人となりました。このドッグランの開設計画は、東京都建設局主催でスタートしましたが、反対運動や署名活動により中止となった経緯がございました。しかし建設を望む声も多く、地元のボランティアの方々と共に、粘り強く近隣の方々や自治体の方々のご理解をいただけるよう活動をつづけた結果、開設することができました。

稲城・多摩への自転車ロードレース誘致を

2020年オリンピック・パラリンピックでの自転車ロードレースの多摩・稲城への誘致を進めています。皇居外苑を出発した選手たちは、両市を周回します。こどもたちにとって夢の実現、次世代へのレガシ-を残すことができます。歩道や自転車歩行空間の安全確保のために、道路整備にもゼンリョクで取り組んでまいります。

乞田川・大栗川の治水対策強化と水辺環境の再整備

繰り返し求めていた乞田川・大栗川の治水対策強化と水辺環境の再整備がおこなわれています。
現在、乞田川・新大橋の上流側で整備がおこなわれております。
「水と緑の回廊で包まれた美しい町」を実現するため、自然との触れ合いの場、リクレーションの場など付加価値の高い河川環境づくりに取り組んでまいります。

子育て支援員研修

東京都では、保育や子育て支援分野の仕事に従事したい方が、必要な知識や技術などを取得して「子育て支援員」となるための研修を実施しています。昨年私も5日間の研修を受けて参りました。とても重厚な研修に途中であきらめそうになりましたが、皆様の熱意に引っ張られ、何とか受けきりました。

JR南武線連続立体交差事業

JR南武線の連続立体交差事業に力を入れて取り組んでまいりました。それによって生まれた高架下空間を有効活用した様々な施設がオープンしています。南多摩駅近くには多摩地域で初となる「道路防災ステーション」が完成し、災害発生時に使用する建築機械や砂・砕石等を配備し、応急復旧作業に備えています。写真は、南多摩駅周辺が整備されたことを記念して開催された、南多摩駅まちびらき式典の様子です。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

ご意見・ご要望お聞かせ下さい。
こいそ明 事務所
〒206-0012 東京都多摩市貝取1449-1
E-mail:info(アットマーク)a-koiso.com
TEL:042-389-6300  FAX:042-372-8655